3Dプリンター業務を依頼したい!低コストで頼める業者はここ!

3Dプリンター業務を依頼したい!低コストで頼める業者はここ!

テレビやインターネットなどで頻繁に見聞きする3Dプリンターには家庭用の製品が数多くあります。値段も安価なものが出回っているため、「購入してみたい」と思っている方も多いのではないでしょうか?

でもその一方で、「自分よりも業者の方が質が良いものが作れる」とか「頻繁に使うわけではないので、発注したほうが良い」と思う方も少なくないですよね。プロの業者は数千万円もするような高級3Dプリンターを持っているので、より上質なアイテムを作成するには3Dプリンティングを依頼する方が良いでしょう。

そこでこの記事では、低コストで質の良いものを作ってくれるおすすめ3Dプリンター業者を3社ご紹介したいと思います。

1.おすすめ3Dプリンター業者1:業界最大級の取扱素材数!DMM.Make

おすすめ3Dプリンター業者1:業界最大級の取扱素材数!DMM.Make
引用元:DMM.com
「DMM.make」はCMでも有名なDMM.comが提供しているサービスです。プロ向けのデザインワークから趣味のフィギア作りまで様々な3Dプリンター製品が制作可能です。各素材に対応した高性能プリンターを使っていて、医療シーンや飛行機・自動車の部品開発でも使われるようなプリンターも備えている業者です(2019年5月時点で18台を保有)。

アイテム制作をする方法はとても簡単です。まず3Dデータをアップロードして素材を選び、見積もりをとってもらいます。見積もり内容に同意できれば作業を依頼します。これだけで高品質の作品が完成します。

DMM.makeの特長

DMM.makeには以下のような特徴があります。

・対応素材が豊富
DMM.makeでは27種類の素材の中から好きなものを選んで作業を依頼できます。石膏やアクリル、ガラス、ナイロン、ゴールド、プラチナ、PPSなど豊富な素材があるので、作りたいものの幅が広がります。せっかく作るなら色や大きさ、質感などにこだわりたいですよね。対応素材が豊富なので簡単に好みの作品を依頼できます。

・3Dデータを販売できる
DMM.makeのユニークな所は、作ってもらった商品をそのまま自分で楽しむだけでなく、3Dデータを出品して造形物を販売できることです。自分で作って出品するのではなく、DMM.makeに依頼できるので簡単にお小遣い稼ぎができちゃいます。好きなものを副業にできるのは楽しいですよね。出品手数料や販売手数料もかからないのでコスパが良いです。

・3Dデータ制作も依頼できる
自分で3Dデータを用意するのは難しいという場合は、DMM.makeに頼めば図面や写真、イラストから3Dデータを制作代行してくれるので、なんでも好きな造形物を作れちゃいます。

DMM.makeの料金や発送目安

DMM.makeでアイテムを依頼すると、だいたい注文から発送までに7~10日ほどかかります(エクスプレスサービスを利用すると3~6日)。送料は無料です。

費用は依頼内容ごとに見積もりが取られるので一律ではありませんが、一例として、石膏フルカラーのマスコットオブジェが2,600円、ナイロン製のスマホケースが3,300円、同じくナイロン製のピアスが1,600円ほどで製作可能です。

公式サイト:DMM.make

2.おすすめ3Dプリンター業者2:スピード重視が魅力の3dayプリンター

3dayプリンター
引用元:3deyプリンター
「3dayプリンター」は名前の通り標準3日で依頼された商品を提供するサービスを展開しています。1,000社の主要取引社数と2,000案件の制作実績を誇る大手で、フィギアから工業用パーツまで幅広い注文に対応しています。

注文方法は簡単で、Webサイトの問い合わせフォームで必要項目を記入してデザインを送信します。送付した3Dデータをもとに見積もりが出されるので、同意できれば依頼します。もし3Dデータが作成できなくても、画像や写真、イラストなどを送れば3dayプリンターの方でデータを用意してくれるので安心です。

3dayプリンターの特長

3dayプリンターには以下のような特徴があります。

・後加工サービスがある
3Dプリンターで造形物を出力するだけでなく、接着や研磨、塗装などもまとめて行うサービスもあります。フィギアやミニチュアなど色をつけたり表面を滑らかにしたい場合に便利なサービスですね。

・全国400代以上の提携3Dプリンターが使える
3Dayプリンターには専門サポート・ディレクションスタッフがいて、全国400代以上の提携3Dプリンターを使用できます。スタッフが相談内容に応じてベストな造形方法を提案してくれるので、初めてでも安心して利用できます。

3dayプリンターの料金や発送目安

3dayプリンターでは最短で即日、通常だと2~4営業日ほどで造形物が手元に届きます。特別料金などを払うことなくスピーディーに届くのはうれしいですよね。

料金ですが、データを送った後の見積もりが最終費用になります。ただし用途ごと、素材ごとの参考価格が公式サイトに載せられているので、それをチェックするとだいたいの目安が分かって便利です。

公式サイト:3dayプリンター
参考価格表ページ:https://3day-printer.com/price

3 .おすすめ3Dプリンター業者3:高精細出力で精密品も制作可能!デジモデ

デジモデ
引用元:デジモジ

「デジモデ」はホビーユーザーを応援する3Dプリントサービスを展開しています。他の2社と同じくデータをアップロードするだけでモデリングしてくれます。

デジモデの特長

デジモデには以下のような特徴があります。

・D-PR1樹脂とD-SR1
D-PR1樹脂は驚異の寸法正確度を実現できる特殊な樹脂です。10mmの正方体を制作した場合、誤差が約8μm(マイクロメートル。1μm=0.000001m)。D-SR1も高精細出力ができる樹脂です。10mmの正方体を出力した場合、誤差が約9.7μmという高品質制作ができます。

・注型を使ったアイテム制作が可能
デジモデでは3Dプリンターだけでなく、作りたいアイテムの型を制作して、それをもとにアイテムを作るサービスも行っています。まずは3Dプリンターでモデリングして、それをもとに注型を作成&大量生産というのも良いですね。

デジモデの料金や発送目安

デジモデの料金は普通出力か高精細出量、超高精細出力のどの出力タイプにするか、そしてどの樹脂を使うかによって料金が変わってきます。また選択するサイズによっても値段が変わります。以下の料金表に詳細な参考価格が記載されているのでチェックしてみましょう。なお送料は一律800円です。

公式サイト:デジモデ

料金表ページ:http://store.digimode.jp/user_data/price.php

平均発送日数は入金確認後2~4営業日とスピーディーです。

4.まとめ

プロの業者は何百何千万という価格の業務用3Dプリンター設備を持っています。そのため頻繁に家庭で3Dプリンターを使うわけではないという方や、とにかく高品質のものを作ってほしいという方の場合、プロに作業を依頼すると楽です。

でもプリンティングに必要な3Dデータを持っていない、あるいは作れないという方も少なくないですよね。そんな場合でも、プロの業者は画像やイラストなどから必要なデータを作ってくれるので、誰でも気軽に造形物を制作できます。

まずは上で紹介したサイトの公式サイトを見て、サービスの詳細を確認することをおすすめします。

関連記事

  1. 3Dプリンターの値段は?どれくらいの値段で買えるの?

    3Dプリンターの値段は?どれくらいの値段で買えるの?

  2. 3Dプリンターの使い方は?操作方法とそろえるべきもの

    3Dプリンターの使い方は?操作方法とそろえるべきもの

  3. 3Dプリンターでの制作時間はどれくらい!?制作時間目安を解説!

    3Dプリンターでの制作時間はどれくらい!?制作時間目安を解説!

  4. 3Dプリンターの材料費は意外と高くない!?スマホケースで23円?

    3Dプリンターの材料費は意外と高くない!?スマホケースで23円?

  5. 3Dプリンターで木材加工ができる!材料費や対応プリンターを紹介!

    3Dプリンターで木材加工ができる!材料費や対応プリンターを紹介!

  6. 3Dプリンターとスキャナーの違いは?選び方とおすすめ機種を紹介!

    3Dプリンターとスキャナーの違いは?選び方とおすすめ機種を紹介!

PAGE TOP

3Dプリンター

3Dプリンターでの制作時間はどれくらい!?制作時間目安を解説!

3Dプリンターでの制作時間はどれくらい!?制作時間目安を解説!

3Dプリンター

初めての3Dプリンター選びでチェックすべき4ポイントはこれ!

初めての3Dプリンター選び

3Dプリンター

業務用3Dプリンターってどうなの!?選び方とおすすめ機種を紹介!

業務用3Dプリンター選び方

3Dプリンター

3Dプリンター業務を依頼したい!低コストで頼める業者はここ!

3Dプリンター業務を依頼したい!低コストで頼める業者はここ!

3Dプリンター

3Dプリンターの材料費は意外と高くない!?スマホケースで23円?

3Dプリンターの材料費は意外と高くない!?スマホケースで23円?